計算式からKPIを作成する

独自にKPIを設定する際に、四則演算を用いて簡単に設定することができます。ここでは計算式からKPIを作成する方法について記載します。
計算式からKPIを作成する場合には、KPI分析画面の右にある「新しいKPIを作成する」をクリックし、作成方法で「計算式を作成する」を選択します。
KPIの名前入力とKPI分析のカテゴリ(AARRR)を選択します。
KPIを算出するための計算式を四則演算で指定します。 
分子と分母でそれぞれ特定のイベントの発生回数/ユーザー数、もしくは数値を最大3個まで指定できます。
回数 : 送信されたイベントの送信回数を計算式に利用します
人数 : 指定したイベントを送信してきたユーザー数を計算式に利用します
数値 : 数値をそのまま計算式に組み込みます(例. 100、など)
「この内容で登録する」をクリックすると分析画面にグラフが表示されます。